私のこと

家族になるということ

 

私が独身時代は、仕事中心の日々を過ごしていて、

毎日忙しかったけど、やりたいこともたくさんあって、

昼も夜も仕事で、毎日あっという間でも

楽しかったんです。

 

そういう不規則な生活や食事時間の乱れなども積み重なり、

生理も不規則になったり、体の変化も気になりだした20代後半。

 

まわりも、どんどん結婚して、かわいい子供を授かって、

私もいつか我が子を育てる日がくるのかなぁ…とも思いながら、

それでも、まだまだ結婚するより仕事の方に意識は向いていました。

 

忙しく過ごしながらも、

29歳になった頃、子供がほしい!!という思いがだんだん強くなり、

本気で結婚を考えるようになりました。

 

私は、自分の家族が大好きです!!

 

6人家族で、にぎやかで愛情いっぱいに育ててくれた両親のように、

私も、子供たちに囲まれて、楽しい家庭を作りたい。

と思いながら過ごしてきて、

結婚したいというよりは、

我が子に会いたい!!

という想いが強くでてきたのが先でした。

 

私は、どんな夫婦になっていきたいのか、

仕事はどうしたいのか、

相手がどんな奥さん、母親を望んでいるのか、

子育てはどんな風にしていきたいのか、

 

結婚して、これから家族になっていくのに、

ちゃんと自分の想いも伝えられてなかったこと、

相手の想いも聞けてなかったことに、

後々気付くことになりました。

 

私は、普通の会話の中で、

話していたつもり、

何も反論もないから、

それでOKなんだよね。という私の思い込み…

結婚して、一緒に暮らし始めたら、

ビックリすることがお互いにたくさん出てきました。

 

だからこそ、

子供を授かれなかった6年間が私たち夫婦には必要な時間でした。

その間に体験できたこと、

お互いの家族や

周りの助けてくれた方々の

サポートや導きのおかげで、

いま夫婦で子育てができています。

 

『結婚すると決めた時、どんな家庭を思い描きましたか?

それを夫婦で具体的に、話をしたことがありますか?』