マヤ暦

「本当の自分」と出会うことで「本来の役割」生きる

1人目ベビ待ち3年以上専門

今度こそ さずかるための

妊活ライフスタイルコーディネーター

『 幸せなたね  幸代(さちよ)です。』

先日、大切な友人たちと食事をする機会があり、
いま、目標に向かって進んでいる友人の話、
これからやりたいことなどの話
予祝講演会や脳の断捨離アクセスバースの話など
色々な情報交換をしながら、

私が妊活している方の、心のサポートをしていくことも伝えて、
学んでいるマヤ暦についても話しました。

この大切な友人のグループの中に、
娘が予定日通りに産まれてきたら、

私との関係性も深く同じKINナンバーの友人が2人います。
すごい確率です!!!
実際には、娘は予定日より2週間早く誕生することになり、
娘は私たち家族を繋げてくれる役割のエネルギーの日に誕生しましたが、
娘が誕生する前から、いまも私たち親子を見守り、応援してくれている大切な友人たちです。

現代では、グレゴリオ暦を使用しているので、365日を1サイクルにしていますが、
マヤ文明では、いくつかの暦を使用していて、
ツォルキン暦は、260日サイクルになっています。

自分の生年月日からKINナンバーが分かるのですが、
そこから、

太陽の紋章(顕在意識)

ウェイブスペル(潜在意識・無意識)

音(能力・得意とすること)が分かります。

そして、日々どんなエネルギーが流れているかを知ることもできます。

マヤ暦は、奥深く様々な関係性があるのですが、
家族でも、みんなそれぞれ違うエネルギーや役割があります。

まずは、自分自身のことを知ることで、私はたくさんの気づきをもらいました。
そして、主人のことも知ることができました。

みんなそれぞれ、いまを生きてる役割をもって生まれてきています。

自分と全く同じ人はいません。

他の人と比べて、思い悩むより、
自分自身を知って、大好きになって、
自分の本来の役割に気付いて行動する方が、
願いも実現されやすくなります。

『 愛する我が子に、お母さんは自分のことが大好きだよ!!と笑顔で言えますか? 』