ストレス

30代後半から妊活始める時に、考えておくことは何ですか?

赤ちゃんを授かって、

出産後の育児生活を

具体的にイメージできていますか?

 

私が結婚したのは30歳の誕生日でした。

仕事も楽しくて、いきたいところも、
チャレンジしてみたいこともたくさんあって、
結婚は、まだ先でいいーと思いながら、
忙しく充実した日々を過ごしていた20代後半。

25歳前後から、まわりでもどんどん結婚していく
友人が増えて、赤ちゃんを授かる友人たちの話を
聞きながら、私もいつかは我が子を育ててみたい。
という思いは、だんだんと強くなっていました。

 

でも、子供は一人じゃできないし・・・
結婚の予定もないし・・・
結婚予定はないけど、

自分が妊娠できる状態かどうか検査してほしいと

婦人科に行ったこともありましたが、

ガン健診などはできるけど、

妊娠できるかどうかは、相手との相性もあるので、
いまはできません。と言われたこともありました。

父からも、

仕事ばっかりで、結婚しなさそうだから、
1日でもいいからお嫁にいってほしい~と
言われてしまうくらいでした。
30歳になったら、

家を出て一人暮らしするように言われていました。

29歳の時に、尊敬する大切な方からの強力なサポートの
おかげで、結婚への急展開な流れが起こったのですが、
この話は、また改めて書くことにします。

私も、主人も、
すぐ我が子がほしい。というところでは、
意見が一致していましたので、
好きだった仕事も、悩みに悩んでやめて、
子供が出来たときのことを考えて、
生活スタイルを私は大きく変えました。
主婦の生活を始めたのです。

 

主人の両親とも仲良くなって、
孫もおじいちゃん、おばあちゃん
大好きな子供になってほしかったので、
義父母と私で、旅行に行ったり、
初めての稲刈り手伝ってみたり、
頻繁に主人の実家へ一人で行ってました。

婦人科にも通っていましたけど、
いつか妊娠できるだろう。と思っていたので、
妊活計画も夫婦で具体的には話し合わないまま
月日が過ぎていき、
義父母は、とても優しく大事にしてくれていましたので、
はやく孫を抱かせてあげたいな~と思いながら、
実家へ通う日々でした。

 

結婚して仕事をやめる決断をしたとき、
私は、主婦もできるはず!!
と思ってましたし、
仕事してると仕事優先になってしまう私を想像できたので、
主人も仕事をすることは許可してくれませんでした。

仕事もしたいけど、夫婦で話し合っても

子供を授かることが最優先で、

視野もせまくなっていて、

私は、主婦でいることのストレスに病んでしまいました。

原因不明の全身蕁麻疹を引き金に、湿疹や過呼吸で、
皮膚科、内科、総合病院に行っても、
原因は特定できず、
お化粧もできない、かゆい、外出もしたくない、
心から笑えない、
仕事をしていて、休みがほとんどないときでも、
病院にいくようなことは、あまりなかったのに、
病院に行っても、原因がはっきり分からないまま
これって、鬱病なのかも・・・

まさかねー私が?!と、
思っていました。

実家の家族には、心配かけたくない。と思って、
なかなか実家に帰れなかったりしていましたけど、
電話の声や無理して笑っていることには、
父と母には気付かれてしまいました。

いま思えば、夫婦ですぐ子供がほしいと思っていたので、
早い段階で、主人とも妊活の計画をたてて、
婦人科の先生にお伝えして、
不妊治療を進めていくものスピードアップしていくことが
大事だったと思います。

一般的に35歳以上の出産は、
流産や早産、妊娠高血圧症候群などのリスクが

高くなると言われています。

妊娠することがゴールではありません。
不妊治療期間が長くなればなるほど、
どうしても妊娠することがゴールのように
なってしまいます。
妊娠したら、出産、育児が待っています。
妊娠したところからスタートするのです。

仕事と家庭と育児
子供の将来
夫婦の将来
出産後の生活を具体的に考えて、
夫婦で話し合っておくことが大切です。

不妊治療すると夫婦で決めたのなら、
まずは、夫婦で検査を受けて、
どの段階まで治療をするか、
期間も決めて、
婦人科の先生と計画を立てて進めていくことを
おすすめします。

何歳の何月までに赤ちゃんを授かりたいですか?

 

○○○○○○○○○○○○○

 

いま、私が妊活中に実践してみて
よかったこと、学んだこと、
いま子育てしながら、
妊活中から今も続けていることなどを
まとめた小冊子を準備中です。

ご質問やご要望がありましたら、
Facebookメッセンジャー、
メールなどから、
お気軽にお問い合わせください。

メール

siawasenatane@gmail.com

facebook
https://www.facebook.com/noguchi.sachiyo