食養生

納豆を食べていると、男性も元気になる?

ご主人は、いま納豆をどれくらいの
ペースで食べていますか?

『 納豆は健康にいい!! 』と、
よく聞きますが、なぜ体にいいのかを知って
食べることで効果もアップ↑↑しますので、
ぜひ、知った上で食べ続けてみてください。

腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌(ひよりみきん)に

分類されます。
日和見菌は、腸内環境が善玉菌優位の状態の時には、
善玉菌に加担し、

悪玉菌優位の時には、悪玉菌に加担する細菌です。
どちらにもなれる細菌が腸内環境を大きく変える
ポイントになります。
健康でいるためには、善玉菌の活動を高めながら、
日和見菌を増やして、善玉菌の味方を増やすことが
必要となってきます。

それでは、
日和見菌を増やすために、私たちはどうしたら
いいのでしょうか?

 

私たちの腸にいてくれる日和見菌の多くは、
土壌菌です。
土壌菌は、土の中で生息する微生物のことです。

大豆を発酵させる納豆菌も、

枯草菌という土壌菌の仲間です。
硬い殻に覆われているため胃酸にも強く、

生きたまま腸に届いて、

腸で殻を破って活性化してくれます。

男性器は、もともと腸から分化したものなので、

腸の働きと密接に関わり合っていて、
腸が元気だと、男性力も衰えないのです。

基本は、朝・昼・晩
バランスよく食事することが大切ですが、
プラスして、納豆を食べることをオススメします。

納豆は、日和見菌を増やして、
腸内の活動力を高めてくれる働きがあります。

日本人の私たちは、
納豆を毎日たべましょう!!

近年、遺伝子組み換えの大豆が

使われているものがありますので、
購入する際には、
原料の表示を見てください。

 

そして、
家庭菜園をつくったり、
ガーデニングをしたり、
夫婦で自然の中で過ごしたり、
土とふれあうことで、
一緒に日和見菌を増やしていきましょう。

毎日の食事に納豆をプラスしてみませんか?

○○○○○○○○○○○○○

 

いま、私が妊活中に実践してみて
よかったこと、学んだこと、
いま子育てしながら、
妊活中から今も続けていることなどを
まとめた小冊子を準備中です。

ご質問やご要望がありましたら、
Facebookメッセンジャー、
メールなどから、
お気軽にお問い合わせください。

メール

siawasenatane@gmail.com

facebook
https://www.facebook.com/noguchi.sachiyo